シャングリラ・フロンティアWiki

クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Menu

シャンフロ設定

登場人物(魔)

登場人物(人)




他ゲーム

    • フェアリア・クロニクル・オンライン〜妖精姫の祈り〜
    • コスモ・バスター
    • スリリング・ファーム
    • サバイバル・ガンマン
    • ユナイト・ラウンズ
    • ベルセルク・オンライン・パッション
    • ユニバース・ストーム
    • キャバリー・クライシス
    • ラブ・クロック
    • ネフィリム・ホロウ
    • ギャラクシア・ヒーローズ・カオス
    • ルインズ・ウォー・ハウンズ6
    • アニマルファイト・オンライン
    • 辻斬・狂想曲カプリッチオ:オンライン
    • 龍宮院 富嶽 全面協力! VR剣道教室・極
    • スペル・クリエイション・オンライン







感想返し2017.12/30午前9時以前
感想返し(未精査)017.12/30午前9時~2018.2/25午後5時
編集

感想返し

感想返し

NPCなぞ使ってんじゃねぇ!これじゃNPCだけじゃ死亡確定……、あれ?アラバの祖父、あれぇ???
硬梨菜
2017年 12月30日 09時46分
ゲームというものは、発売前にテストするものなのです。そしてそれはユニークモンスターでも変わりなく……では何故「テスターがプレイした痕跡」がゲーム内に残っているのか

続きはWebで!

まぁぶっちゃけバラしますけどあの水晶の女性はアリスさんを再現したものです、お忘れの方はウェザエモン編辺りを読めばちょろっと名前が出ています

ゲームとしてみたらユニークモンスターやラスボスに挑むのは当然だが、物語としてみたらタクーニッドと戦う意味って何かあるの ?
クソガキの親の敵だとしてもそれだけじゃ弱いよなぁ。
硬梨菜
2017年 12月27日 18時29分
んー、若干視点が違いますね
クターニッド「と」戦う理由はあるのか、は正しくありません
クターニッド「が」戦う理由があるので、プレイヤー達は引きずり込まれたのです。実質全能存在が下等生物のスケジュールなんかいちいち気にするわけがないのです
一週間戦わないことを選び続けても最終的にはクターニッドの前に引きずり出されます

ユニークモンスターはある二つの観点から重要な立ち位置にあります。それは世界観的な意味であり………

ゲーム的な、厳密には「システム的な」意味であり。

クターニッドについてはこうだから実は良いやつ説もあんま信用性が
硬梨菜
2017年 12月25日 18時34分
まぁ、いいやつだなんて一言も本人(本蛸?)は言ってないですからねぇ

ウェザエモンはレベル
リュカオーンは視覚?
オルケストラは多分運が絡むんだろう
で、クターニッドが反転させると
バッドステータスとかいうレベルじゃない
ゲームじゃしちゃいけないレベルの理不尽だな
硬梨菜
2017年 12月26日 10時49分
今宵の私の舌はいつもよりもよく滑るのでちょびっとだけ設定をば

一つだけ訂正させていただきますと、オルケストラは別の観点から主人公キラーなのです。
幸運が高いステータスの主人公だから、ではなく主人公が「サンラク」というアバターを使っているからこそ天敵なのです。

ウェザエモンがいた反転世界、クターニッドの反転能力……無関係とは思えませんよねぇ

クターニッドが人を引っ張り込んでルルイアスでサバイバルさせる事はすでに描写しましたが、そこからもう一段階考察することでクターニッドの本質が見えてくると思います

憑依精霊武器の根本思想自体が「肉体を持てず、また保てないクズ精霊を武装転用する」というものなので自立できる精霊はそもそも想定されていないのです
何故そんな技術をドワーフ達は作り上げたのか、なんのために武器が必要なのか、そこらへんは追い追い明かしていきたいと思います……

憑依精霊武器をプレイヤーが作ることは「可能」です。
ただ憑依精霊武器自体が割と最近発見された技術なのでヴァッシュは作ることはできません。というか精霊に頼らなくても普通に憑依精霊武器に匹敵するものを作れるからこその神匠です。
対価の天秤は語り始めるとものっそい長くなるので割愛しますが、ただ一つ言えるのは根本的には対価の天秤と聖○武器シリーズは同じカテゴリです。

一言
NPCが「ち○こ」と発言出来るとは倫理コードはどうなっているんだ・・・
中の住人であるNPC達には現実だからコードなんて無いというオチだろうか
硬梨菜
2017年 12月07日 07時30分
ただの一発ネタに偽装して軽く流してやったのにまさか気付かれるとは、実はこれ結構重要な事だったりします

一言
カイセンオーw まあクラゲが捕食可能なLVのものだけが材料だったからこんなものだろうけどうっかり大物の死体とか食われたら結構やばそうだ。
硬梨菜
2017年 12月07日 06時10分
何よりやばいのはアルクトゥス・レガレクスやアトランティクス・レプノルカにもキメラは発生しうる、と言うことですね

はい、ゼノブレイド2クリアしました。とりあえずネタバレ込みで感想を語りだすと小説一本書けそうなくらい語りそうなので割愛しますが、とりあえずモノリスソフトには一生ついていきます。

そもそもクターニッドというキャラはとても異質なキャラなのです、それは本編中でも結構匂わせています。

全能存在だし実際神様的存在なんだけど先見性がないから過去にやらかした事のツケが現代に跳ね返ってくるドジっ子です、全能ではあっても全知じゃないから……多分なんらかの理由で現在は直接介入とか出来ないんじゃないっすかね?

一応裏設定といいますか、最低限考えてある「ギャラクシア・ヒーローズ:カオス」の設定に「ケイオースシティはそもそもある「存在」によって作られた別空間のようなもので、街そのものがその「存在」によって適当に作られた偽りの街」という設定なのです。
なので不自然な立地に不自然な建造物が作られる事もありますし、NPCをどれだけ害しても次のバトルではけろっとした顔で復活するのです。そもそもいくら巨大ビルとはいえ倒れて届くような場所にスポーツスタジアム建造するのもアレですからね

ご意見感謝です。今後とも拙作をよろしくお願いします

セツナセリフ
「彼は私が構築したプログラ……ええと、魔法を使ってここに結界を構築した。月光の魔力を利用し、座標を次元の裏側に「反転」させることで誰にも干渉させないように」

ユニークな方々は互いのこと知ってそうだし、もしやこの魔法クタさん監修なのでは…
硬梨菜
2017年 11月11日 23時51分
ぶっちゃけますが答えは「ノー」です。実はクターニッドは凄そうに見えて実際に凄いんだけど実はそこまで凄くないのです。シャンフロ世界における「やべー奴」はもっとこう、根幹的なところに食い込んでいます

ぶっちゃけシャンフロに使われている技術フル活用したらマトリックスとかのディストピア余裕じゃないですかね(他人事)
そこらへんに関しても色々考えてはいるんですが果たしてどこまでぶっ飛んだ設定にして良いものか……とw

気になる点
そういえば、シャンフロの称号システムは何の為にあるのですか?未だに利用価値が明かされてないシステム。気になります。
一言
イベントリア緊急退避の運営が考えそうな対策として、思いつくのは、戦闘中のみ消費MPが増加、空間跳躍して追いかけて来る攻撃や敵の実装ですかね。
硬梨菜
2017年 10月31日 22時23分
称号はある種のパッシブスキル……という感じでしょうか、とっても直接的にプレイヤーに対して何らかの強化をもたらすものではなく、例えば主人公が持っている「ラビッツ名誉国民」はラビッツ内でヴォーパルバニーNPC達に自然に受け入れられる、という効果が発動します。
要するによくRPGとかでありがちなプレイヤー操作キャラは棒立ちなのにNPC達が「こいつ……できる!」とか言い出すアレをシステム的に落とし込んだものです。その点で言えば「呪い」や「刻傷」もある意味では称号ですね。

普通の領域なら、とっくに美味しく頂かれているんだよなぁ……
硬梨菜
2017年 10月31日 10時49分
というか海底の場合レーザーと放電がガチ畜生技になるんですね、チャージが異様に長いのもそれを加味しています

硬梨菜
2017年 10月31日 11時00分
本来の水中であれば周囲の海水を電気分解して空気の爆裂を発生させながら超速で水中をブチ抜くド畜生技です。
原理的には頭蓋骨の中でエネルギーを乱反射させまくり複数の角度から照射されたレーザーをアイパッチ型のガラス体で一極集中させうんたらかんたら……つまり相手は死にます。防御貫通効果とかはないですけど装甲のリソースを一秒以下で削り切って抜くので相手は死にます。

……って落下(おちした)氏が言ってました、ご指摘感謝です修正しました

実際今からフェアクソのシナリオ考えろと言われてもなんだかんだシナリオ書けそうなくらいにはフェアクソというクソゲーはこの小説において重要なポジションです

今から世界の真理書 深淵のクターニッド編を書くモチベーションがモリモリ上がってきております
何故クトゥールッフではないのかとか、そこらへんの事情を吐き出したい今日この頃です(笑)

2017年 10月17日 01時31分 ---- ----
一言
クターニッド>>>越えられない壁>>>ウェザエモン>>リュカーン
ぐらいの力の差を感じる
硬梨菜
2017年 10月17日 01時40分
ぶっちゃけ単純な戦闘力とか諸々込みだとウェザエモンはワースト争いするレベルですね
ただある観点から見るとウェザエモンがぶっちぎりのトップです、クターニッドですらウェザエモンの下に位置します

アラバは刻傷に何も反応しないのかな?
硬梨菜
2017年 10月13日 08時46分
実はすでに反応していたりします。主人公と一緒にいる限り描写されないのですが、アラバの本来の性格はもっと「強引」です。それこそ主人公のトラウマたる「プレイヤーを振り回すNPC」に該当するような。

ちょっとお茶目で昔の縁から定期的に人を自宅に引きずり込んでいじめ倒すだけのニートですよ(目そらし)

最近の話がシャンフロは誰もが否定しない神ゲーとは見えなくなってきてる所ですかね。異世界物やVRの作り込みが凄く、ストーリーが良い良ゲーなら分かりますが。今の設定だと、システム面で若干神ゲー要素を落としている気がします。
私が気になるのは限定◯本しかない武器とクエストの受注についてですね。
限定武器は持っている人にとってはモチベが上がるかもしれませんが、持ってない人にとっては下がる要因ですし、持ち主がゲームを引退したらその世界から消えてしまう為、長期続きそうなゲームとして、その設定はどうだろうと思う次第です。特に後から始めた人でコレクター気質がある人はこの設定のせいで糞ゲーと認定しそうです。
シナリオ受注面について、限定武器の話と繋がりますが、オンラインゲームで一回しか挑戦出来ないのも糞ゲー認定される要素かと思います。初回撃破プレイヤーには恩恵があるにしても他の人は挑む事も出来ないのはゲームとしてどうかなと思う次第です。初回撃破組にはある程度優遇するにしても、後続にも挑めるような何かが欲しい所ですね。例えば闘技場を実装して、そこで討伐済みのボスに挑めるようになるとか。
後、は今回、ペンシルゴンとカッツォにクターニッドに繋がる情報を材料に交渉するはずが、秋津茜とレイ氏を読んでしまった時にどうやって発生したか分からなから大丈夫だろうと安心してたけど、その場合ペンシルゴンとカッツォへの手土産としての話としてはどうだろうとか思ったり、もし、今回のユニークを低レベルまたは、ソロで挑んでしまった場合何処かで、仲間を募る事が出来なければ詰むのではないか?とかいろいろ考えてしまいます。その辺納得が行ける展開にして頂ける事を期待します。ちなみにユニークシナリオEXも含めいいえを押したりキャンセルした場合どうなるのですか?最初からやり直せば再受注可能なのかな?それとも再開しますか?で前の続きからスタート出来るのですか?パーティリーダーが受けたシナリオはメンバーも受けられふ設定が出て来たので、一度キャンセルして、パーティを組み直してリーダーが再受注すれば、いろんな人が途中の過程をすっ飛ばして、ユニークシナリオEXを受ける事が出来たりするのでは?とかいろいろ考えてもやもやしてます。
硬梨菜
2017年 10月08日 09時04分
はい、それに関してはごもっともな御指摘です。ただ、「シャングリラ・フロンティアというゲームの歪み」は想定されたものですので、いつになるかは分かりませんがこちらから明かすのを待っていただければ幸いです。
そして今答えられる部分に回答していきますが、実際の所ユニークシナリオというのはそこまでレアなものではないんです。確かに「勇者武器」シリーズや一部のユニークなどは特定のプレイヤーのみが獲得できる、というある意味で不公平なものではあるのですが、それはあくまでも「作中で表現できている範囲の」ユニーク事情でもあるのです。
シャングリラ・フロンティアというゲームでは通常のゲームとは違い人工知能たちによって現在進行形でゲームが制作されている、と言っても過言ではありません。そのため、超強い武器! や超すげーモンスター! などのあらかじめ設定されている目玉要素以外でもユニークは常に生み出され、更新され続けているのです。
ですので本気でユニークを探そうと思えば、「自分だけのユニーク」というものは簡単に入手できるのです。
というかある意味で鍛冶魔法で制作される武器防具が一番わかりやすい形での「自分だけのユニーク」ですね、プレイヤー鍛冶師は当然として、ビィラックやヴァッシュのようなNPC鍛冶職の中でも突出した存在はユニークな装備を作ってくれたりもします。

クエスト関連に関しても前述の「現在進行形でゲームが進んでいる」という要素が重要です。例えば本作における「深淵の使徒を穿て」というクエストですが、実は仮にスチューデが死んだとしても発行はされます。スチューデや、彼の父を慕う海賊団の部下たちが敵討ちのためにプレイヤーに協力を求めるのです。
このようにNPCの行動や変化でシナリオやクエストの発注には変動が起きますしそもそも「恒常的に何度も発注できるクエストやシナリオ」がシャングリラ・フロンティアというゲームにおいては異常なんですよね、これに関してはおいおい明らかにします。ユニークモンスターに関しては……そうですね、これはちょっと今の段階では明かすことができないです、申し訳ありません。

そしてこれが一番重要なことで、シャングリラ・フロンティアというゲームの難易度についてです。
これに関しては簡潔に「このゲームにおけるプレイヤーは英雄ではない」というのが全ての答えです。大前提としてソロ向けの難易度ではないのです、であるためにこのゲームでは野良パーティなどが積極的に組まれます。そしてそんな難易度を一人でクリアするからこそソロプレイヤーは畏敬の念を向けられます。

長々と語ってしましましたが、要するに本文中での説明不足が全ての原因であり、手前の実力不足を痛感しっぱなしです。今後とも精進していくので、拙作をどうかよろしくお願いします。

伝説に挑む鍛冶師が作る武器、なので「名匠」持ちのみが作れる武器だったりします。別にユニーク武器ではないですが「名匠」の人口が片手で数えられる程度しかいない上に「神匠」に至っては現状ヴァッシュオンリーワンなので下手なユニーク武器よりレアな武器だったり 
ちなみに
「デュ」ランダル
エ「クス」カリバー
グ「ラム」
で聖剣名剣魔剣から名前を貰っていたりします。他の武器種にも「傑○への憧○」シリーズは存在しており、それに対応したファンタジー的剣や槍から名前を部分的に貰っている、という共通の命名パターンがあります。

スチューデ…student…teacher…海賊…父親
もしかしてクソガキの親父さんて黒髭ティーチ
硬梨菜
2017年 10月03日 22時41分
なぜバレたし(愕然

硬梨菜
2017年 09月24日 22時52分
そもそも運営の想定としては「次のアプデでレベル上限解放するからそれまで待っててね」であるのに対して、プレイヤー達が勝手に「これアイテムのデメリットでレベルダウンすればスキル成長できるね!」と始めたのがレベルダウン式スキル育成です。
そしてレベルダウンペナルティについてですが、これに関してはシャングリラ・フロンティアというゲームが世界観に重きを置いているためです。本来であれば「文字通りこれまでの経験を削るほどの代償を払って一時の間レベル99の力を得る」というアイテムであり、決して「別にレベル99のステータスはいらないがレベルダウンしてさらに自分を鍛えるぜ」というアイテムではないのです。ある意味では運営の想定外の動きをプレイヤー達が行っているわけですね。何故そんなものを実装したかと言われますと答えづらいのですが、これに関しては番外編で語っていくつもりです。簡単に言いますと「神様がそう望んだから」ですかね……
そして防具ステータスに関してですが、これに関しては主人公が悪いです(真顔)
拙作では所謂「モンハン式」の防具システムを採用しており、主人公が頭や腰しか防具を装備しないため、「一式揃え」で発動する効果を描写することができないのです。例えば魔法で効果を付与された鎧があったとして、それは全ての装備を揃えることで初めて効果を発揮するパズルのようなものです。一部例外として「単品で効果を発揮する」装備も考えておりますが、それに関しては未だ登場予定がないため描写をしておりません。
一応【艶羽】の頭装備単品は「それ単体で朱雀に命令を出せる」「電源が入っていなくとも暗視効果がある」という二つの効果を持っています。
さらに言いますとこの作品では基本的に主人公の一人称視点で描写しているため、主人公の「無知」が作品の描写に直結します。そのためあとがきで補完していたのですがこれに関しては自分の怠慢です、申し訳ありません。
防御力に関しては修正を入れ「ステータスで振ったVIT(装備による追加VIT)」と別枠表示にする予定です。

そして最後に武器に関してですが、これはそもそも防具とは異なる計算で処理されています。
防具が「ステータスのVIT+防具のVIT」で計算されているのに対して、武器は「ステータスのSTR、DEX、TEC×モーションボーナス×その他バフデバフの処理」とあくまでも例えですが基本的に武器には明確なパラメータは存在しておらず「倍率」と「効果」が備わっています。
防御力が「自身のVITに防具のVITを加算する」ものに対して武器は「自身のステータスと挙動によるダメージ補正を乗算する」というものです。
例として、STR10のキャラクターがクリティカル軌道のモーションで「ナイフ」を振った場合、その処理は「STR10×クリティカル補正1.5×ナイフが搭載する倍率2=30ダメージ!」となります。
さらに武器によっては器用さや、場合によって魔力などが参照されてダメージを算出するわけですね。
この計算方式に関しましては「武器そのものに攻撃力はなく、武器が使い手からの運動エネルギーを受けることで初めてダメージを生み出す」という認識からこのように設定しました、もしも防具と同じような数値だと「地面に置いた剣を踏むだけでダメージが発生する」ということになりかねないので。
当然武器のダメージ倍率は強い武器であるほど跳ね上がりますので、最終的にガチガチに固めた防具の装甲を貫くことは可能であると考えております。

そもそもこれらの設定を本文で描写すればいいのですが、長々と設定を書き連ね続けては本文の疾走感が損なわれる可能性もあり、妥協案を検討しております。
長々と自分設定を吐き出すのみとなってしまいましたが、ご指摘の方大変感謝しております。
なにぶん世界観の充実ばかり考えているような自分ですので、このようなシステム面でのご指摘は大変参考になりますし、他の方の感想も全て閲覧、参考にさせていただいております。
改めまして拙作へのご指摘ありがとうございます、未だ未熟者ですが皆様により楽しんでいただけますよう努力していくのでどうかよろしくお願いいたします

超高速飛行&雲軽々と吹き飛ばせるレベルの出力……これで戦術レベルって神代はどれほどまで行けば戦略レベルとして扱われていたんだろうか?

硬梨菜
2017年 09月13日 10時51分
気づかれてる方が結構多いのが個人的に驚いていたり。
そうなんです、これで「戦術級」なんです。言い換えれば神代における「戦略級」は……ということです。

無論クリティカルを外すようなヘマはしない←さすがですわー。

え?Ωの細胞再利用しちゃった系ゴーレム?まさかこれで出番終わりなの?別のフラグ踏み抜いた臭が漂ってるんですが。というか、ひょっとしてこれ↓を機械化したような形状なので?
>より人間に近い姿勢の肉食恐竜の上半身に蜘蛛の下半身、怪獣版アラクネとでも言うべき異形の姿

「邪魔!」と罵られた三角木馬くん、実はハイテク仕様orLv100オーバーだった?
硬梨菜
2017年 09月03日 08時17分
はーオメガについて語りたい!めっちゃ語りたい!でも割と世界観の根っこに食い込むから語れない!はー語りたい!(のたうち回りながら)
オメガ箱君はですねー……他のゴーレムと違って「セル」とついているのはご想像通り「細胞」を意味するセルなんですけどもぉー……それが重要でぇー……実はオメガは他の

…………はい、これ以上は言えません言いません。でも一つだけ吐いてしまうとするなら「Ωは大きなカテゴリに属している」ということです。

弱点を突いた程度で死ぬようなら最強種なんて言われないんだよなぁ……多分天空の竜王君はめっちゃハイテンションになってアキツアカネを賞賛しながらぶち殺したでしょうね、思わずマーキングしちゃうくらいには……ね?
これからも拙作を宜しくお願いします。

94話を読み返してすごい気になる事が・・・

門番ボスとの戦闘で金属ネギマ未遂のシーン

鉛筆が槍を刺す→鰹が叩く→B兎がダメ押しに叩く
この時にB兎が言った「退きや、そこの男女」って
誰に向けた言葉?

女顔の鰹?男装麗人の鉛筆?

キャラ紹介もあったし、深読みしすぎだろうか・・・
硬梨菜
2017年 08月30日 23時41分
オイカッツォに向けての言葉です。実はこれ世界観に関わる重要なセリフでして……(意味深な笑顔)

ずっと違和感を抱いていた件がハッキリしたのでご報告。
運営はプレイヤーに倒される(=プレイヤーに楽しんでもらう)事を目的とした敵の開発をしてこその(ゲームとしての)神ゲーだと思うのです。どんなプレイ環境でもスタイルでも変わらずに、ある程度の難易度で楽しめるボスやギミックなどの可能性を提供するのが神ゲーの条件でありプレイの可能性を広げる物であってほしいと思います。
専用編成縛りプレイとかみんなで楽しめないゲームのメインストーリーとか選民主義的な運用で神ゲーとされるのは違和感があったので筆を取った次第です。
一言
上記は小説としては必要な、テンプレートの調理としては大事なものであると理解しています。なろう的にウケる為の努力でもあると認識してます。
ただ一言、それらに振り回されて神ゲーという認識が安い物になってしまわないよう、
今後の展開に期待しております
硬梨菜
2017年 08月27日 04時14分
この作品の核心に関することなので多くを語ることはできませんが、「シャングリラ・フロンティア」というゲームが内包する歪みはこの作品における最大のブラックボックスなのです。
シャンフロは「仮想現実」を舞台としたゲームであり、何を以って神ゲーと定義するのか、ゲームを評価するポイントとは、いかなる理由でシャンフロが作られたのか

それが明かされるのが具体的にいつになるのかはまだ先のこと故わかりませんが、これからも拙作を読んでいただけるとありがたいです。

エルダーは下手したら七の最強種にかなり迫りそう

サンラクのやついったい何が起きたし
硬梨菜
2017年 08月26日 07時05分
七つの最強種は「最強」とついていますが、その実は別に強さは関係ないのです。「ある条件」さえ満たしていればそれは「ユニークモンスター」として扱われます

流石クソゲーマー システムの穴突くの上手い
気になる点
死ぬと分かってチャレンジし続けるのはヴァッシュ的にどうなのだろう
ウェザエモン戦から見るに、兄貴はあまり好きそうじゃないよねぇ
これは好感度下がるかな?
一言
普通なら修正案件だけど……何が修正されるのか
硬梨菜
2017年 08月12日 07時00分
ヴァッシュが出かけておらずラビッツにいる確率は実は………(意味深)
そういえば最近主人公は絶対に勝つという決意を抱いて強敵に挑戦していませんね……?

実はインベントリアはユニークアイテムではなく滅茶苦茶頑張れば誰でも手に入れられるアイテムなので、修正はしないが対策はする……的な感じで主人公には苦しんでもらいたいと思います
今後とも拙作を宜しくお願いします。

運営は底意地が悪いのできっと表面上は何も変わっていない風にすると思います(まるで自分が後付けで設定を追加するような顔)

そういや「殺戮者の魔剣」はサンラクが持っている訳だが
あれをビィラックに渡して魔改造とか出来るのだろうか?
硬梨菜
2017年 08月08日 21時10分
ユニーク武器は無理ですねー、あと「殺戮者の魔剣を主人公が保有していることをペンシルゴンは知らない」、これ重要です

これ見れば見るほど、ちゃんとテストプレイやってんのかよ、と思う……
硬梨菜
2017年 07月30日 10時40分
おっと、それを聞いちゃいますか。聞いちゃいますか?
お答えします、「やっています」。つまり少なくともこの世界にはウェザエモンのみならずリュカオーンなどを倒したプレイヤーはすでに存在するということです。

サンラク以外の二人の報酬とアイテム、称号の効果。
一言
一週間後の再開までイクラのバイト頑張ってください。
硬梨菜
2017年 07月30日 11時41分
称号の設定自体は存在します。ですが作中に出す予定もないですし、そこまで重要でもないのでここに書いてしまいます。もし作中に出すことになったらその時補足します……

【看取りし者】
【刹那を想う者】

までは共通の称号です。
【ご先祖様のお墨付き】は天晴を真正面から受けて立ったサンラクへの称号。
【この身離れども心は側に】がセツナからの好感度を最大まで上げきったペンシルゴンへの称号。
【ワイルドハントの騎手】が暴れ狂う騏驎を乗りこなし、打倒したオイカッツォへの称号。

称号はプレイヤー相手には効果を発揮しません、これはNPCやモンスター相手に初めて効果を発揮します。
好感度やNPCの行動に影響があるわけですね。例えばNPCを殺害し続けて【心なき虐殺者】という称号を得た場合、NPCがそのプレイヤーを警戒するようになります。いわゆる「カタギの気配じゃない」という直感的な恐怖をNPC達が感じるようになります。

レベル&ステータスダウンについては特にバックボーンはないのかなぁ、とふと思いました。
まぁ高難易度クエストに縛りはつきものではありますが、ウェザエモン戦のみがこうなるのであれば、数ある縛りの中でこのようになった理由が何かあるのかな〜、と。

重箱の隅をつつくような質問ですみません(; ꒪ㅿ꒪)
硬梨菜
2017年 07月30日 08時31分
痛恨……っ!痛恨のミス……っ!
ある……っ!あるのだ……っ!「レベル制限するフィールド」にも……名称……っ!設定まで練った名前が……っ! だが……っ!忘れるっ!作者、忘れる……っ!健忘症……っ!1D10ヶ月の間続く不定の狂気……っ!

はい、完全に忘れていました。アレはウェザエモンの技であって厳密にはウェザエモンの技ではない「常在挑戦陣」というものです。ウェザエモンの「墓に近づくものをすべて切り伏せる」という願いに呼応した能力です。
要約すると「勝つために敵にチート級のレベルダウンデバフを付与する」という感じです。ちなみに「優先度」がぶっちぎりで最優先なので、いかなる手段でも防ぐことはできません。対策としてはペンシルゴンのように外付けで補強するしかありません。
隙を伺って修正を入れておきます、ご指摘ありがとうございます。

アップデートは機能追加だったり新ステージ追加ですが、ワールドクエストは世界観そのものが次のステージに突入する感じですね

そういえばこの世界はファンタジーと科学が「融合」している世界なのだろうか。それとも科学(古代技術)は一般には出回っていない感じなのだろうか。
硬梨菜
2017年 07月14日 10時49分
シャングリラ・フロンティアの世界観は三つの段階が地続きとなって構築されています、ですので「融合」とは少し違う……科学は「過去」と呼称するのが一番しっくりくる感じですかね
旧文明の諸々は考古学者という職業があるように認知自体はされていますが遺跡に入ってハイ有力情報ゲット!とはいかない感じですね
今後とも拙作を宜しくお願いしま

プレイヤーで実際に神匠になった人はいるんですか?
硬梨菜
2017年 07月09日 13時20分
いません。ただし神匠にリーチをかけている人はいます。未だ個人用の設定にちょろっと出す予定で書いてあるだけなので登場するかも定かではないのですが

シャングリラ・フロンティアはNPCとの会話が割とマジで重要な要素であり、ふとした会話や噂話の中に重大な情報が隠されていることがあります
だからこそ情報屋のプレイヤーたちがいるわけですね、考察勢だけではなくガチ勢達も情報屋は利用します

ヴァッシュ……もといヴァイスアッシュはいろんな意味でキーキャラクターとして設定を考えています
「露骨に強キャラ」であり「便利キャラ」であり……と、ある意味作中で一番属性てんこ盛りかもしれません
今後とも拙作を宜しくお願いします

運営、というかこのゲームの製作者に関してはブラックボックスなので、現段階でキャラクターとして登場することは無いと思います。
無断SSした彼女については話を進めるためだけのギミック的キャラですしそこまで死体蹴りする必要も無いかなぁ、と。皆様が「ネチケット」という概念を知っていただければ彼女というキャラクターにも存在理由がギミック以外にもあるんだと思います……といい話っぽくまとめるのはさておき、多分数週間くらいゲームから離れた後にこそっと再開してるんじゃないですかね?
良くも悪くも大量の新規が参入して情報が溢れている時期ですから、「何故サンラクというプレイヤーが見つかったのか?」という疑問が「サンラクどこだよ」に押し流されれば少なくとも初心者プレイヤーに特定されることは稀でしょうし

関係ない話ですが、ライブスタイドサーモンの生命の潮流って何なんですかね。ただのネタ記述?
硬梨菜
2017年 12月14日 07時54分
生命を流れる液体ってなんでしょうね

世界最高峰の超性能を誇るマシンが海中にボッシュート…
錆びない?これ。
硬梨菜
2017年 12月15日 09時32分
多分宇宙戦闘も考慮されてる感じなんでマグマに落としてもある程度は耐えるんじゃないんですかね

ーーーーーーーー

「生命体」の中で
クターニッドはつまり生命体ではない…?
硬梨菜
2017年 10月22日 08時33分
そりゃあそうですとも、生命体ってのは「生きた命を持つ体」ですからね、生きてるのか死んでるのか、実体があるのかないのかすら分からないようなタコは完全に別枠の存在ですよ

感想返し.txt · 最終更新: 2018/02/25 by 27.139.115.185